わたしです

なかさんがクソどうでもいいこと書くとこです twitter:@mintexcca

C92戦利品レビュー!Part1

Part2はこちら
Part3はこちら
Part4はこちら

コミケ!皆さん楽しんでいますでしょうか?
自分は1日目に参加してきまして、ついに初めてコミケでの買い物を経験しました!(去年の冬は身内のサークルを見て回るだけだったので…)
いやはや、コミケがこんなに楽しいとは思わなかった、写真でしか見たことのない、写真ですら見たことがないようなクリエイターさんを実際に目の当たりにして、「あっ、現実に存在するんだ…!」と実感するばかりでした。
時には作品を手渡ししてもらえたり、「このゲーム好きなんですよ!!」と直接お話できたりと、非常に充実していました。

さて、そんなコミケ全体の感想はさておき、今回は何回かに分けてコミケで購入したもののレビュー、というより感想をつらつらと書き連ねていきたいと思います。
せっかく色々買ったのに、ただ戦利品じゃー!って写真載せるだけなのも味気ないですしね。
今回レビューするのは以下の作品です!

  • 音楽CD「HYENA」(Hommarju)
  • 音楽CD「コトノネドライブ オリジナルサウンドトラック」(Drossel/Studio)
  • 同人誌「白露型、ゲーセンへ行く!6」(cockatiel)

HYENA / Hommarju

f:id:mintexcca:20170812222741j:plain:w400
音ゲー界隈ではおなじみのHommarjuさんのアルバムです。今までもコンピレーションCDとかでは結構名前見てきたので、フルアルバムは初めて、というのが結構意外でした。確かに出してないかもなぁ、と。
ブースに行くと、売り子さんとHommarjuさんが立っていて、会場限定のボーナスCDはHommarjuさんからの手渡しでした。初めての生Hommarju!興奮!
もともとHommarjuさんの大ファンという訳ではないのですが、音ゲーからこのアルバムに収録されている「HYENA」「Crazy Jackpot」がとても好きで、即購入決定でした。
そんで、一周聞いた後にはもうHommarjuさんの大ファンです。ヤバい。想像の5億倍くらい良いものでした。
HYENAとCrazy Jackpotは当初よりもっと好きになりましたね、なんというか、攻撃力というか、アゲアゲ感がヤバくてテンションが最高潮になります。(語彙力)
その後もHommarjuサウンドを余すことなく味わえる曲目になっていて、満足感が凄いです。
また、CDについてるブックレットには歌詞とライナーノーツが掲載されていますが、ぜひこれを読みながら聞いてほしい…!各曲に深いメッセージが込められていることが分かると思います。特に、人生ちょっと辛い時とかに読むと、ウルっとくるかもしれません。曲順にもストーリー性と言いますか、メッセージ性みたいなものが込められているので、一度曲順通りに聞くと良いと思います。
自分は、9トラック目の「Colors (ft. Yukacco)」がかなり心にきました。エモい。曲に込められているメッセージとは若干ズレるかもしれませんが、コミケに向けて割と辛い進捗の日々を送っていたので、その応援歌に聞こえたというか、そんな感じですね。(もう終わった後ですが)
会場限定特典としてオーディオコメンタリーCDがついてきました。公式サイトは「ネタCDだぜ!!!」みたいな感じで書いてありますが、Hommarjuさん本人が「なぜ今までアルバムを出さなかったのか」とか「このアルバムをどう作ったのか」とかを喋っているもので、詳しい内容は伏せておきますが、ライナーノーツと併せて聞くと非常に良い感じでした、なるほどなぁ、みたいな。 なんとなく買ったこのアルバムでしたが、「満を持してついに出たアルバム!」という感じで、もう本当に素晴らしいアルバムでした!オススメ!!

コトノネドライブ オリジナルサウンドトラック / Drossel/Studio

f:id:mintexcca:20170812222718j:plain:w400
Drossel/Studioというサークルが出している「コトノネドライブ」というiOS/Android向け音楽ゲームのサウンドトラックになります。Drossel/Studioはデジタルコンテンツ制作サークルで、今自分が大学で所属しているサークルと割とつながりのあるサークルです。
自分も現在サークルで音楽ゲームを制作している最中でもあるので、挨拶もかねてこのサントラを購入したという次第です。「お互いtwitterアカウントだけ知ってる」というような状況だったので、たどたどしい感じの挨拶になってしまって、今になって少し申し訳なさが…。(すみません)
このゲーム、同人の音楽ゲームとしてはUIが非常に和風サイバーな感じで格好良くて、また判定まわりのストレスも非常に少なくて、自分がとても好きな音楽ゲームのひとつです!ぜひたくさんの人に遊んでもらいたい…。
しかし、音楽ゲームのサントラは本当にいろんな曲が入っていて作曲欲に駆られますね…夏休みにたくさん曲作っていきたい。
自分はこのゲームの中ではmossariさんの「Torrid Zone」という曲が大好きで、「ついに音源を手に入れたぞ!!!!」という感じでした。他にも好きな曲は多々あるのですが、なかなかネット上で音源が見当たる曲はないので、このCDは非常に貴重で良いですね。あと、ゲーム内での解禁条件が分からず知らない曲も収録されていて「こんな曲もあるのか…」となることもありました。解禁条件…知りたい…!!グギギ
最後のトラックはゲームに先駆けてサントラに先行収録された、r0yさんの「琴音の唄」という曲でした。コトノネドライブの公式サイトを見る限り、コトノネドライブの最高ロリロリマスコットキャラクターのテーマソングなのかな?可愛い感じの曲なのかな?という感じのジャケット絵でしたが、いざ聞いてみたら、可愛くて激しい、ボス曲らしい感じの忙しい楽曲で、「ほう…こう来たか!!」という感じでした。非常に好みだったので収録が待ち遠しい!
最後にもう一度ダイマになりますが、コトノネドライブ、面白いから、みんな、やろうな!!!

白露型、ゲーセンへ行く!6 / cockatiel

f:id:mintexcca:20170812222822j:plain:w400
sallyさんの艦これの一般向け二次創作同人誌です。表紙がンギャワイイ。
自分は艦これは昔ちょっとやっていた程度で見識はあまり深くないのですが、絵の可愛さと「ゲーセンに行く!」というテーマが気になった、あともともと白露型が好きという理由で購入しました。(本当はここなつのアクキーも欲しかったんですけど売り切れてましたね…無念…)
開いたらいきなり出てきたゲームは「スリルドライブ」、いやはや懐かしい、めちゃくちゃ好きなゲームです。幼い頃から父親スリルドライブ初代や2をやっているところを見て、自分自身もスリルドライブ3は結構プレイしました。事故を避けながら公道をレースして制限時間内にゴールを目指すゲームなのですが、そのスリルが癖になるというか、まぁめちゃくちゃ難しいんですけどね。最近全然このゲームを置いているゲーセン見なくて非常に寂しいというか残念です。続編も望み薄ですし、家庭用も出てないので、なんとかプレイしたい…稼働しているゲーセンがあったら教えてください!
他にもQMAテトリス・デカリスなど見たことがあるゲームがいくつか登場しますが、音ゲーとして登場するのは「crossbeats」ですね、(実は自分は色々あってこのゲームあんまり好きじゃないんですけど)やっぱり、かわいい女の子がゲームやってるっていうのは…こう…良いですね…(語彙力)
後半はゲストを含めたイラストが4つほど載ってまして、その中の「白露と時雨がレースゲームをやってる絵」がかなり好きです。なんというか、アイマスでもそうなんですけど、ハンドル握ってる女の子ってすごい良くないですか?わかります?わかってください。
内容は短めですが、かわいいで出来ていて非常に良いものでした。良いものです。ご馳走様です。白露型最高!w

今回は以上になります。思ってた以上に1作品長々と書いているので時間がかかりそうだ…。
それでは次回に続く~~~。