わたしです

なかさん(twitter:@mintexcca)のメモ帳みたいなもんです

C92戦利品レビュー!Part4

Part1はこちら
Part2はこちら
Part3はこちら

Part4です!一応ラスト!
今回、初めてメロンブックスの店舗受け取りを利用したんですけど、とても便利ですね。商品が店舗に到着すると、注文番号と一緒に箱番号が送られてきて、それを提示すれば店員さんが注文商品はすぐ見つけられるようなシステムになっていました。簡単なシステムかもしれないですけど、こういう便利な仕組みで迅速に荷物を受け取ることが出来てありがたかったです。

さて、一部を除いて今回で全ての戦利品をレビューし終わります。一部というのは、同人ゲームですね。この辺はプレイし終わってから別枠という形でレビューしたいと思っています。
今回レビューするのはこちら!

  • 音楽CD「瞬間エヴァーラスティング【DVD付き初回限定盤】」(幽閉サテライト)
  • 同人誌「晴ちゃんは思春期!!」(Sweet Avenue)
  • 同人誌「仲直りするまで蔵から出られません!!」「Music in I love you.」(すまいるすたじお)

瞬間エヴァーラスティング【DVD付き初回限定盤】 / 幽閉サテライト

f:id:mintexcca:20170817220934j:plain:w400
おなじみ幽閉サテライトの東方ボーカルアレンジアルバムです。なんと23thアルバム!凄い!しかも今回購入したのはDVD付き初回限定盤で、「森羅万象に触れて」のミュージックビデオなどを収録したDVDとの二枚組になってます。こちらのレビューもしていきますよ!
まず中身に入る前にジャケット!毎回超美麗なジャケットが素晴らしい幽閉サテライトさんですが、今回もとても綺麗なイラストです。今回ジャケットを飾るのは秘封倶楽部の2人、この2人、個人的にとても好きなんです。もともと東方に見識が深い訳ではないですが(東方アレンジは好きですけど)、この二人は昔から惹かれるものがありますね。なんというか、こう、女子大生っていうところがグッと来ますよね、お友達になりたい。あと、二人の衣装、あくまで元のデザインは踏襲しながら、でもおそらくこのイラストオリジナルの衣装ですよね(にわかなので間違ってたらごめんなさい)。この衣装めちゃくちゃ良くないですか?特に蓮子ちゃんの服とか、オタクを殺す服って感じで非常にそそられます。胸のところがパツパツなのがえっちで非常に良いと思います。
さて、ジャケットに関してまだ語りたいこと山ほどありますがこれくらいにして、中身に移ります。秘封ジャケットですが、秘封曲が表題曲「瞬間エヴァーラスティング」だけなのはなんだかなぁという感じですが、まずはこの曲から。この曲、とにかくギターを掻き鳴らす間奏がとてもカッコいい、やっぱり生音っていいなぁ。今回のアルバムの曲は全体的に生のギター音が使われている気がします(気のせいかも)が、本当にやっぱりリアルなギターの音はカッコいい…自分もDTMで使うべくギターを弾けるようになりたいですね(初期投資で死亡)。あと、サビで左から鳴ってる硬い感じのピアノの音が、ありがちなフレーズではありますが勢いがあってとても好きです。
その後は、紅魔郷永夜抄の定番曲のアレンジが続きます。東方に見識の浅い方でも「あ!このフレーズ聞いたことあるぞ!」となる曲が多いのが今回のアルバムの特徴かなぁともなんとなく思ったり思わなかったり。
そういえば、幽閉サテライト、今年の春から兎明さんという新しいボーカルの方が加わったらしく(今更知りました)、今回のアルバムでは、今まで幽閉サテライトの多くの曲を歌ってきたsenyaさん歌唱の新曲と、兎明さん歌唱の新曲がおおよそ半分半分くらいで収録されています。この兎明さんが、senyaさんとは違ってドライな感じの歌声で、非常に私好みですし、幽閉サテライトの世界がまた広がるなぁと、そんなことを感じました。新曲もそうですが、このアルバムのBonus Trackには「造花であろうとした者」「泡沫、哀のまほろば」「零れ桜」の兎明さんのカバーが収録されていて、二人の歌い方の違いや、それによる聞こえ方の違いがよく分かります。いや、ボーカルが違うだけでも曲の聞こえ方がこんなにも違うんだぁと改めて思いましたね。
最後のトラックは有名曲「月に叢雲華に風」のオーケストラアレンジ、歌っているのは少女フラクタルの二人です。幽閉サテライトのアルバムに少女フラクタルがいるぞ!とちょっとビックリしましたが、これがまた滅茶苦茶良いです。オーケストラアレンジの壮大さはもちろんそうなのですが、このオーケストラアレンジに少女フラクタルの二人の歌声が非常にマッチしていて最高でした。ツインボーカルの迫力がオーケストラと合っている、というのもあるかもしれませんね。
さて、最後にDVD、「森羅万象に触れて」のミュージックビデオです。2分ないほどの短い映像作品ではありますが、やはり東方コンテンツの強さというか、同人はここまで来たかというのを改めて感じました。(以前から東方アレンジのアニメーションPVというのは素晴らしいのがたくさんありますけどね、幽閉サテライトさん関連でしたら幻想万華鏡とか)動いている秘封の二人を観れただけでもう満足ではあるのですが、もっと欲を言えば、もうちょっと長く見たい!って感じでした。いやでも素晴らしかったです。東方同人アニメといえば、今回の夏コミでは京都幻想劇団さんがありましたね、そこも秘封の同人アニメでかなりレベル高そうだったので、機会があったら視聴してみたいですね。
やはり幽閉サテライトの安定感は凄いなぁと思わされる作品でした、とても良かった…。兎明さんが今後どんな曲を歌ってくれるのかにも目が離せませんね。senyaさんと兎明さんのデュエットとかも聞いてみたいなぁ。

晴ちゃんは思春期!! / Sweet Avenue

f:id:mintexcca:20170817220955j:plain:w400
カヅチさんのデレマス結城晴・的場梨沙本です。
どちらのアイドルももともとあまり興味はなかったのですが、この二人が好きになったのはカヅチさんの影響かもしれませんね。twitterに流れてくる二人の漫画が、もう本当に可愛くて、保存したりふぁぼったりしてるうちに好きになっていきました。この本はそんなtwitterで上がっているカヅチさんの晴・梨沙漫画の総集編みたいな感じです。
カヅチさんの絵、めちゃくちゃ可愛くて、ちょっとエロティックなのがとても魅力的なんですよね。特に今回テーマになってる二人は小学六年生なんですけど、もうなんというか、未発達感というか、やんちゃ感というか…もうそういう感じの描写がすごくてですね、可愛くてちょっとえっちで、言葉で形容しがたいですがとても素晴らしかったです。あと犯罪臭がすごい。結城晴ちゃんの方は、やっぱり自己が女性であるという意識が薄い感じがとても良いです。きっとオタクの皆さんならわかってくれると思うのですが、女性意識が薄くて無防備でやんちゃな感じの女の子って、めちゃくちゃ良いですよね。分かってくれますよね?変態的な嗜好だとは思うんですけど、とても魅力的なものだと思います。自分の中では、「ボーイッシュ」とはまたちょっと違うニュアンスなんですよね。(どうでもいい)的場梨沙ちゃんはそういう意味では結城晴とは対極にある女の子だと思うんですけど、それでも小学六年生らしいあどけなさとか、可愛らしさが見え隠れして、そこがとても愛らしくて好きです。こんな対照的な性格の二人が仲良く色々やってる漫画で、それがめちゃくちゃ微笑ましい。やっぱり、個人的なアレですけど、似た者同士より違うもの同士のカップリングの方が個人的には惹かれますね(コンテンツとして)。
この本に収録されている話だと、パーティータイム・ゴールドの話が一番好きです。二人の対照的な性格とか、結城晴ちゃんの男性的性格とか、フェティシズム的なエロティック描写とか、単純な可愛さとか、色々な要素がたった3ページに詰め込まれている感じがします。最後のコマのパーティータイム・ゴールドを着た結城晴ちゃんが可愛くてキラキラしててとても好きです。それと、本の途中に挟まっている二人が自転車に乗っているイラストが特に好きですね。(多分twitterにも上げてたかなーと思うのですが)今まで散々エロティックとか色々言ってましたが、このイラストは健全さとか、仲良しさとかを象徴している気がして、とても愛らしくて微笑ましいというか、いつまででも見ていられるなーと、そんな素晴らしいイラストだと思いました。
この本のレビュー、今までのレビュー中でもかなりエロティックとかなんとか言い回しがアレな気がしましたが、そこまでして語りたい素晴らしい本だったということでここはひとつよろしくお願いします(何を)。いや本当に、良い本だった………。

仲直りするまで蔵から出られません!!、Music in I love you. / すまいるすたじお

f:id:mintexcca:20170817221014j:plain:w400
2冊とも、矢坂しゅうさんのバンドリ(百合)同人誌です。「仲直りするまで蔵から出られません!!」は有咲×沙綾、Music in I love you.は有咲×沙綾・美咲×花音・蘭×つぐみ・モカ×リサの詰め合わせになっています。
矢坂しゅうさんは、バンドリ勢やはいふり勢にはお馴染みの方だとは思いますが、素晴らしい百合絵師です。素晴らしい百合絵師です。(大事なことなので二回)夏コミでは二日目にブースがあったみたいですが、私は二日目行く予定がなかったのでメロンブックスで予約してました。夏コミ本番ではかなり早く売り切れていたみたいで…いやはや、予約しておいてよかった。まぁ本音を言えば矢坂しゅうさん本人に会って「いつもありがとうございます!!」と感謝の言葉を伝えたかったところではあるのですが、それはまた今度の機会ということで…。
さて、今回の二冊ですが、やはり"“"尊い”“"に尽きますね、百合最高!とりあえず一冊ずつ紹介していきたいと思います。
まずは一冊目「仲直りするまで蔵から出られません!!」です、有咲×沙綾、所謂ありさあや本です。簡単に言えば、有咲と沙綾が喧嘩をした結果、香澄に「仲直りするまで蔵から出さない」と告げられて云々みたいな内容です、○○しないと出られない部屋の百合版みたいな感じです(雑)。もうコレほんっっっっっとに良かったです。深くは語りませんが、早く結婚しろって思いました。正直この素晴らしさをどう言葉で表現したらいいか分からないというか、決して書くことがないとかそういう訳ではなく、本当に良かったです……。まぁ強いて言えば、有咲のちょっとポンコツなところがとても可愛いです、とても。あとコレは個人的な好みですが、おたえのちょっと言動が意味不明なところがちゃんと描かれていてとても面白かったです。自分はおたえ推しなので、おたえ出番あるー!!と思いながら読んでました。
次に二冊目「Music in I love you.」です、4カップリングの短編詰め合わせで、こちらもとても良かったです。一つ一つ軽く感想を書きたいと思うので、まずはありさあやから、もう一冊の方とは違って、ソフトで日常的な百合という感じで、ニヤニヤというよりは笑顔になれるという印象の微笑ましい百合でした。次に美咲×花音、みかさのんです。実は矢坂しゅうさんが描くカップリングでコレが一番好きなのですが、今回の漫画もめちゃくちゃ良かったです。真面目だけどちょっと奥手な美咲と、控えめに見えて積極的な花音という組み合わせ、今回も炸裂してます、コレで何気に先輩後輩っていうのが良いですよね。あとハロハピのメンバーみんながこの二人の関係を応援しているという感じが優しい世界って感じで好きです。次に蘭×つぐみですね、この二人、消極的に見えて実は積極的?みたいな感じが好きで、特に今回の話では、言葉数が少なめで行動で好意を示している感じがとてもグッと来ました。普段の凄い言葉数が多いつぐみも滅茶苦茶好きですけどね。あと、ひまりちゃんが出てくるんですが、ひまりちゃんはネタキャラというか、ちょっと笑わせるためのキャラとしての完成度がとても高いと思います。最後にモカ×リサ、唯一のバンド間恋愛(?)です。この二人は、チャラチャラしてそうに見えて実は不器用なリサと、リサ先輩を弄ろうとして逆に振り回されるモカという構図が良いですよね、お互い思い通りにいかないというか…。今回の話ではリサの不器用さみたいなものが前面に出ていた気がします、モカはそれに合わせていくみたいな、いや本当に良いカップルだと思います…。最後はウオオオオオオオオオってなりました(詳しくは書きませんが)。
いや本当に良い本でした、こんなに濃い百合がたくさん読めるとは、感謝しかありません。矢坂しゅうさんはtwitterでもとにかく滅茶苦茶な頻度で凄まじく尊い絵を供給してくれるので、もう本当に、一度会って感謝の気持ちを伝えたいと思うばかりです。次の機会があったら直接買いに行こうかな…ちょっと早めに行かないと間に合わなそうだ。

さて、C92戦利品レビュー、ひとまずここで終わりになります。万が一読んでいただいた方がいらっしゃいましたら、稚拙で長い文章にお付き合い頂きありがとうございました!
同人ゲームの方もやっていかなければ~~~~。