わたしです

なかさん(twitter:@mintexcca)のメモ帳みたいなもんです

新曲「恋 was lie」の話

先日、久々のボカロ新曲「恋 was lie」を投稿しました!
ボーカルは結月ゆかりさん。

WAVEATというスマホ/タブレット向けの音楽ゲームの公募に応募した曲になります。
個人開発とは思えないハイクオリティなゲームなのでオススメです。

自信作なので是非聞いてほしいです!
まずは聞いてください!

……で、この記事では隙あらば自分(の曲)語りします。

タイトルについて

このタイトルをGrammarlyにぶち込んだら「lieじゃなくてa lieだよ」と怒られました。
恋の方はツッコまないんだ。

曲について

実はこの曲のアイデアとかメロディとか構想自体は随分前からあって……多分昨年の秋くらいからメモってあったのですが、最近になってようやく作り始めました。
構想当時は「Nizi Project」(NiziUが生まれたオーディション番組)にどハマりしていて、その影響でK-POPをよく聞いていました。

なので、この曲は特に編曲の面でK-POPの影響を強く受けてます。
といっても、主旋律は勿論オリジナルなのでそこは日本的ですね、J-POP×K-POP的な。

特に当時よく聞いてたのが「TWICE - Feel Special」や「Yubin - Lady」といった、K-POPの中では割合メロディアスでエモーショナルな曲で、その影響が色濃いのは言うまでもありません。

先ほど挙げた二曲、前者は「IM7→VII7」、後者は「IM7→VIIm7」と、I→VIIの特徴的なコードの動きをします。
今回の新曲でも同じく、VII7が頻出なのですが、このコードが良い感じに切なくて良いんですよね。オススメです。

歌詞について

歌詞置いておきます。

「お試し」ってテイで喘いだ 喘いだ
濡らしたミモザは腐ったみたいだ
「今更?」って天を仰いだ 仰いだ
変わらないその眼が怖くて綺麗だ
 
好きを履き違えた
好きで擦れ違った
要らない 要らない 要らない
これが恋だとしたら
 
明日ミサイルが落ちて
急に世界が終わるとして
このアイラブユーを伝えられるなら
そんな勇気が出るなら
別に構わないけど
わたし結局エゴで自分勝手でワガママだから
もういいよ もういいよ もういいよ
もういいよ もういいよ もういいよ

えっちだね、、、

アートワークについて

今回も例によってアートワークも自給自足。
僕は背景が全く描けないので(人間も描けない)、自作の曲のロゴを表示したスマホをベッドに置いてカメラで撮影しまくって背景にしました。
親から見たらさぞ異常だったでしょう。

物憂げな女の子を描いておくと名曲っぽく見えると思ったので、足りない画力でなんとか物憂げな女の子を配置して……完成!!
涙を描いてる時が一番楽しかったです。

聞いて~~~~~~~~

たくさん聞いてほしいのでもう一回埋め込んじゃいます。